FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしき、我が人生。

我が人生。

生まれは下島。
おおくら団地。 
なぜ大蔵かの由来は知らない。

決して我が家は金持ちでは無いが、バイタリティ溢れる親父と堅実で石橋を叩いて渡る母を持つ、長男に宮沢けいすけは生まれた。



 保育園時代、かぎっ子でいじめられっこだった。
 いつも、親の仕事が忙しくて保育園でも最後まで残っていた。
 
 帰っておやつを弟と7時に食べる。
 
 夕食は8時。
 
 礼儀を重んじて、堅気な親父は気性も荒かった。
 よく叱られた。

 
 小学校に入り、いじめられっこから脱出。
 威張る奴らと戦っていた。
 
 今、覚えているのはいじめている奴を見つけては、喧嘩を売っていた。 そんな小学校時代だから、先生には目を付けられた。

 俺の席だけ廊下にあるなんてこともよくあった。
 
 けれど、先生によっては物凄く可愛がってくれた。
 
 そういえば、小学校時代、母親が教員として同じ学校にいた。

 俺の成績も付けたことがあった。
 
  
 律儀な母(音楽の教師)はいくらがんばっても成績はいつも3.
学校内で母ちゃんと呼ぶと怒られた。


 中学に入って、やったことは友達と毎月海に集まって焚き火をしながら一晩語る。ちょうど映画スタンドバイミーが流行った頃だった。

 5人いた仲間。 
 誰が映画の中では誰だと言って、あだ名を付けた。
 
 
 その頃の友人で今でもそのあだ名を使ってい友人がいる。


 俺の仲間はみんな高校に進学しなかった。

 
 3年になり、俺は高校に進学するために塾に通い、連れが変わった。
 
南高校に入学。
それから、中学のやんちゃな連れとは連絡を取らなくなった。

高校に入って、サーフィンにであった。 
はじめは大人がやる遊びだと思っていたが、大人びた友人が誘ってくれて高校1年ではじめた。
 
 とりあえずは、女の子にもてるだろう。
 きっかけはみんな同じだ。 
 
 そして、また高校でも多くの仲間に恵まれる。
 
 俺の一番の取り柄は、グループを作らないで、多くの奴らと接する事が出来ること。
 
 けれど、最も濃いメンバーの数人は学校を辞めてしまった。

 中学と同じように、海に泊まって語り合って、明け方海に入る。
 
 サーフィンがうまくも無いし、道具もろくに無かったが、最高に楽しかった。
 
 
 今思えば、俺の友人は社会的にいわれる、優等生ではなかった。
 
 けれど、それぞれの思いがあり、人間らしく生きている。
 
 
 仕事でがんばって、今では20人を使う社長だったり、一流企業の社員、海外に家を持つなど様々だ。
  
 人は何が正しくて、何が悪いのか。
 本人にしかわからないことだから。

 決して「こうあるべきだ」と思わないで欲しい。
 あなたという人は、他には居ないから。


  高校3年。
 サーフィンが上手くも無いくせに、友人とともに少ない金を持ってインドネシアに旅に出る。
 よく、1ヶ月も行けたものだ。

 卒業後は、上記のことをきっかけに海外に出たいと思い、仕事をした。
 海がいける飲み屋で働いた。
 俺が居るからという理由で、静岡でも一番お客が入ってくれた。 
 うれしかった。
 
 金を貯めて、オーストラリアに渡る。
 とりあえず、半年だったか。
 
 住んでいるユースホステルの手伝い、便所掃除をしながら海に通っていた。
 ブリスベンから南に2時間のバイロンベイに住んでいた。
 
 日本人が居なく、田舎町で自然豊かな土地だった。
 
 サーフィンと自然と戯れ、海の中で時にサメと隣のオージーが戯れることもあった。
 
 
 半年の後の帰国後、運送業に入り、日本全国津々浦々の旅。
 家に帰らず、とにかく金を貯めた。
 
 トラックがわが家。
 運送屋さんは大変です。
 体力と眠気との戦い。


 そして貯めた金を持ってインドネシアにまた通いだす。
 
 ここで、年を追う毎に進む環境破壊を目の当たりにした。

 本当にこのままの社会でいいのか?
 
 
 つづく
スポンサーサイト
プロフィール

けいすけ30歳

Author:けいすけ30歳
97年 インドネシア (本当の人間的な豊かさとは)
99年  インドネシア (私たちが引き起こす環境破壊)
00年  オーストラリア  (限りある豊かな自然)
01年 オーストラリア (人間とは何か)
03年
04年 種子島 (素晴らしきスローライフ)
  自然と共に、自給自足のスロースタイルな生活を送る。
05年 静岡大学人文学部経済学科入学
08年  「静岡大学 太陽光発電導入の可能性」学内論文発表会で優勝。
 学生、職員、教員からなる「環境を考える会」設立(会員 約100名)
  経済産業省 省エネルギーセンターで省エネに関する学生初の研究発表。
09年 国立静岡大学
 人文学部経済学科 3月卒業

パーソナルデーター
職歴:農業、建築土木、製造業、飲食業、自営業
特技: サーフィン 、ギター
家族: 父 彫刻家(チェーンソーアーティスト)
     母 小学校教員(音楽教師)
     弟 八百屋
     愛犬
好きな言葉:  「まずは自ら」
   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。