FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

④ 社会インフラの崩壊予想

社会インフラの崩壊予想
 
  上下水道、静岡市では約2600km 
  すでに耐用年数を経過した箇所が増え
  現在は主に大正時代に施工した管の修繕を行っている
   
  今後はさらに高度経済成長時に敷設した上下水道をはじめとした
  道路、学校、市営住宅など幅広い分野で改修の必要性が
  叫ばれている
 
  ここまでは問題だらけであるが、まだ分かる

  そこで気が付いた事がある。


  高度経済成長時の借金はハイパーインフレによって
  借金では無かったという事ではないだろうか
  
  所得倍増計画で今年100万円の収入だった方が
  翌年には200万円になった時代である
  100万円借金しても翌年には200万入るので返す事が
  出来る。
  この状態で投資をして行政では社会的インフラを構築していた。

  今、国の借金をなくすためにはハイパーインフレを起こして
  貨幣価値をより0に近づけることだと云われていた事を思い出す
 
   
  で、現在はデフレ。
  収入は減少し、貨幣価値はより高くなる。
  結果、これまでの負債とこれからの負債は全く別物として
  考えなければならない
 
  91.5%がすでに固定費で消えてしまっている静岡市の
  財政状況では決して呑気な事を言ってられない

  すべての借金は後回しだからだ   
  
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けいすけ30歳

Author:けいすけ30歳
97年 インドネシア (本当の人間的な豊かさとは)
99年  インドネシア (私たちが引き起こす環境破壊)
00年  オーストラリア  (限りある豊かな自然)
01年 オーストラリア (人間とは何か)
03年
04年 種子島 (素晴らしきスローライフ)
  自然と共に、自給自足のスロースタイルな生活を送る。
05年 静岡大学人文学部経済学科入学
08年  「静岡大学 太陽光発電導入の可能性」学内論文発表会で優勝。
 学生、職員、教員からなる「環境を考える会」設立(会員 約100名)
  経済産業省 省エネルギーセンターで省エネに関する学生初の研究発表。
09年 国立静岡大学
 人文学部経済学科 3月卒業

パーソナルデーター
職歴:農業、建築土木、製造業、飲食業、自営業
特技: サーフィン 、ギター
家族: 父 彫刻家(チェーンソーアーティスト)
     母 小学校教員(音楽教師)
     弟 八百屋
     愛犬
好きな言葉:  「まずは自ら」
   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。