FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

one shot one kill アメリカ海兵隊と沖縄基地

映画上映会と監督が来静
講演と上映会がありました

映画『ONE SHOT ONE KILL 兵士になるということ』
http://www.youtube.com/watch?v=rccA5sfrCh4

flyer_oneshot-thumb.jpg

アメリカ海兵隊になる理由
85~90%が大学に行くための奨学金が欲しい
貧しい家庭に育ち、入隊後半年で沖縄に配属
数ヶ月でイラクに行くこともある

※映画上映 
 沖縄の辺野古での住民反対運動の映画も上映 

アメリカは
毎年15万人の海兵隊を必要としている
3ヶ月間鍛えるブートキャンプには毎年2万人の若者が勧誘されて
向かう

これまでに200万人の若者が海兵隊となり
500人が死亡、5000人が重症を負い
50万人が精神異常を来たし、社会復帰が出来ない状態にある


一般に人は98%の人は「人を殺せ」と言われても
殺せない(アメリカで研究データを取っている)

若者をどう殺せる人間に作り変えて行くかがポイントになる

映画でもあったが
上官の命令を即座に従わせる

自分の頭で考えさせないように如何にするか
海兵隊では「Brain washing」と云う、日本語で洗脳である


それにははじめの3日間が重要で
若者をブートキャンプに連れて来るに、深夜に到着するようにする
3日間寝られずに、怒鳴られる

頭と心の疲労が必要で追い込む

オカルトと同じやり方である


3ヶ月の間に若者は疑問を持たずに進めるようになる
このブートキャンプの成功率は90%らしい

途中でやめられるのはこの訓練キャンプのみ
入隊後に辞める場合は数ヶ月間、軍の刑務所に入り
一生履歴に懲役ありと記載される

訓練では30以上の殺し方を教わる
大切な事は殺し方を知っているのではなく
無意識で出来る事が重要
体に覚えさせる為に何十万回と動作を覚えさせる


沖縄、佐世保で女性が海兵隊に殴り殺された
10分間、殴り続けられた
普通じゃ出来ない


平均年齢19歳、にきびの後が残るブートキャンプでの
訓練を終えた若者が配属される
既に彼らは従順にされて


沖縄 巾着池田サービスエリアを越えると「流れ弾に注意」との
看板がある
そこにはイスラムの街を再現した都市訓練施設がある
そこでは500m離れたところからでも10発中、8発が
狙った人間に当たるように訓練され、イラクの街では
どのように動くのかが教えられる

ここでは時々、流れ弾で問題も起きている
北海道でも、九州でも同じような訓練を行っている


白燐弾
 国連からは非人道的と非難
 空から白い粉が舞う
 肌よりも着火温度が低く、肌に付くと燃える
 また水分があると燃え続ける
 骨まで皮膚が燃える

 イスラエル軍は使ったそうだが
 同じく、アメリカ軍もパルージャで使用した

 パルージャでは死体を市民が埋葬しており、そこから
 白燐弾が伝えられる
  
*余談になりますが、現リビアでは政府軍が殺した市民の死体を
 回収していると云う。理由は殺害した証拠を消したいかららしいが
 
  
政治に話は移り
鳩山前首相は海兵隊は抑止力として置くと公約を破棄して述べた
1年後、「あれは方便であった」と述べた
 鳩山前首相の置き土産の辺野古

 鳩山氏は知っていた
 海兵隊が抑止力にならないことを
 沖縄からは2000名の海兵隊を遠征軍として送ることが出来る
 小型の水陸両用の戦車にヘリで戦闘が出来る部隊

 抑止力にはならず、仮想敵の北朝鮮や中国には何の脅威にもならない

 
沖縄本土の15%が基地である
今抑止力のない海兵隊を除けば15%は帰ってくる

アメリカも今後は15,000~20,000人の海兵隊を削減すると
国防総省が述べている


 
次のアメリカの戦略
グアムに基地を移転すると話が上がった理由

これ以上アメリカの若者とお金を使いたくない

よって
自国の兵士を使わずに同盟国(オーストラリア、韓国、台湾、日本)に
戦わせる そのためには沖縄ではなくグアムの方が都合がいい

だからアジアの拠点をグアムにしたい
次の戦争に備えたい
だから日本もアメリカに1兆円の基地分の融資を行う
(*ちなみに非核3原則の撤廃、武器輸出も行う方向に
  日本は向かっている)

14年前から辺野古には「おじい」や「おばあ」が座り込みを続ける
ここに海兵隊の基地が出来たら日本の若者も連れてゆかれる」と云う

辺野古、普天間、たかえも次の戦争をどうするかの中で
アメリカは進めている
アメリカ海兵隊と共に


アメリカ兵に勧誘された若者は
自分の人生が開けると思って入隊したが、沖縄で嘘だと
気づき、荒れていると聴く

退役後も大学の奨学金僅か年間40万円
4年間の給与 つき10万円

このことから
ものすごい数の貧しい若者が居て
それによって兵隊が成り立っている事がわかる


*政治的な歴史については後日


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けいすけ30歳

Author:けいすけ30歳
97年 インドネシア (本当の人間的な豊かさとは)
99年  インドネシア (私たちが引き起こす環境破壊)
00年  オーストラリア  (限りある豊かな自然)
01年 オーストラリア (人間とは何か)
03年
04年 種子島 (素晴らしきスローライフ)
  自然と共に、自給自足のスロースタイルな生活を送る。
05年 静岡大学人文学部経済学科入学
08年  「静岡大学 太陽光発電導入の可能性」学内論文発表会で優勝。
 学生、職員、教員からなる「環境を考える会」設立(会員 約100名)
  経済産業省 省エネルギーセンターで省エネに関する学生初の研究発表。
09年 国立静岡大学
 人文学部経済学科 3月卒業

パーソナルデーター
職歴:農業、建築土木、製造業、飲食業、自営業
特技: サーフィン 、ギター
家族: 父 彫刻家(チェーンソーアーティスト)
     母 小学校教員(音楽教師)
     弟 八百屋
     愛犬
好きな言葉:  「まずは自ら」
   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。