FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本会議質問 明日11時より 都市林業政策について

前段をご紹介させて頂きます
本会議場、11時から宮沢の一般質問を行います

日中のお忙しい時間帯ですが
ぜひ、お気軽にお越しただけますと嬉しい限りです

また、内容についても後日UP致します




1回目 都市林政について

国連の報告によれば日本の森林面積は25万立方メートルで国土の69%にもなり、世界平均の31%を大きく上まわります。
先進国の中ではフィンランドの73%に次いで第2の「森林大国」です。
ですが日本の森の中で手付かずの森は全体の20%足らず、その他は少なくとも一度は伐採され、その後再び戻ってきた2次林か、人間が植えた人工林です。 

日本では戦後の復興期から高度経済成長期に多くの自然林が伐採され、杉やヒノキがびっしりと並ぶ人工林になった。林業の低迷と林業従事者の高齢化などで、手入れが行き届かなくなった人工林では荒廃が著しい。一方で国有林などでは、残された貴重な天然林の伐採が進み生物多様性への影響が懸念されております。

静岡大学農学部環境森林科学科の水永博己教授は
「人間が作った森林である以上、対自然で考えれば私たちは人工林を管理し続ける責任がある」と指摘しております。

では静岡はどうか
これまでに静岡の環境変化を伝える映像フィルム「一滴の雫」を作成致しました。
映像フィルムの作成にあたり、林業家の現状と山林、安倍川、海、木材産業 等々その道で35年以上見守り続けて来られた各種団体の代表の方々に、話を伺いました。

静岡市の環境がどのように変化したか、ここで簡単にご紹介させてください

20年前、山ではバブル崩壊から木材価格の急激なる低下、切っても金になり難いから、人の手が入りにくくなり林業家も激減した。結果、間伐が行われなくなった山には日光が入らず、木の根が浮き、表土がむき出しになる「山の砂漠化」と云われる状況です
これにより水源涵養能力、土砂災害防止能力が低下しています。

砂漠化した山から流出する砂により、安倍川では砂が極端に堆積し河床が上がりました。
水源涵養の低下から表流水の水量も減少した結果、14年前から瀬切れが毎年のように発生するようになった訳です。

河口も水量の減少から非常に狭まっており、鮎の遡上が困難として毎年のように工事用ユンボで河口を広げる工事をしております。
無論、水量が豊富にあった20年以上前は河口の幅も今の何倍もありました。

駿河湾へと安倍奥の山林からの豊かな水が注ぎ込まなくなった結果、海では時を同じくして15年前から磯焼けが起き、
まったく「わかめ」や「かじめ」といった藻が付かなくなり築地で有名であった用宗産クロアワビも現在はほとんど姿を消しました。

調査の結果、ここ20年間に渡る山、川、海のこの一連の環境変化の原因の多くは山の荒廃だと認識しております。


日本の国土の大部分である山林をどう守り、どう利用して行くべきか
その山の管理者である林業、その材をどのように都市で利用し相互作用を図って行くかを中心に質問させて頂きます。


 林業政策の大転換
 木材利用の促進について
 個別質問致します


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けいすけ30歳

Author:けいすけ30歳
97年 インドネシア (本当の人間的な豊かさとは)
99年  インドネシア (私たちが引き起こす環境破壊)
00年  オーストラリア  (限りある豊かな自然)
01年 オーストラリア (人間とは何か)
03年
04年 種子島 (素晴らしきスローライフ)
  自然と共に、自給自足のスロースタイルな生活を送る。
05年 静岡大学人文学部経済学科入学
08年  「静岡大学 太陽光発電導入の可能性」学内論文発表会で優勝。
 学生、職員、教員からなる「環境を考える会」設立(会員 約100名)
  経済産業省 省エネルギーセンターで省エネに関する学生初の研究発表。
09年 国立静岡大学
 人文学部経済学科 3月卒業

パーソナルデーター
職歴:農業、建築土木、製造業、飲食業、自営業
特技: サーフィン 、ギター
家族: 父 彫刻家(チェーンソーアーティスト)
     母 小学校教員(音楽教師)
     弟 八百屋
     愛犬
好きな言葉:  「まずは自ら」
   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。