FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわき市 海岸の被害状況と避難所

いわき市は東北1の工業地帯である

鉄鋼、バルバニウム、銅などの資源、精油所など
製品原材料の生成が行われている

その海岸にある工業地帯は
大型のタンカーが道路に横たわり、車が工場の壁に刺さる

人影はなく、音がしない


東北の大工業地帯が
一つの津波で意図も簡単に破壊されてしまった

モノづくりの日本経済への打撃も相当である


工業地帯から北へ向かうと大きな漁港がある
漁港にも大型の漁船が堤防に乗り上げ、海からは
先端だけ見える沈没した船の姿が見える

漁港に面した住宅街は壊滅状態
1階部分はほぼ浸水している


さらに北に行くと
壊滅的な打撃を受けた集落が幾つもある

住宅の土台だけ残し、がれきの山になった集落

津波に逃げ遅れて多くの住民が無くなった



<避難所>

避難所には全壊、半壊した方が現在150名(当初250~300名)
畳一畳に1名が毛布1枚で横になり、校長先生も一緒に学校に
寝泊りして対応している。
本当に変える宛ての無い人たちである。

震災後に暴走族のようなカッコをした若い人が来た
「自分たちも何かできないか」と
遠方からの支援に本当に感謝していると
ただ、精神的にかなり参っているともいわれていた


私たちは19日当日に水が届いて、震災後初めて水を汲む姿を見た

食事は
届いたかまぼこ5000個、茹で卵1万個
どう楽しく食べてもらうか考慮したと云う


電機は2日前に繋がったと云うが
その避難所の管理をする校長先生は
「テレビを置きません。ここの人たちには原発の様子など
 不安を駆り立てるニュースは伝えないようにしてるんです」
と云う

 逃げるところも、ガソリンもない
 
 そとから来る人にも「不安な原発のニュースは伝えないように」と
伝えていると云う

 そとの情報を伝えないように・・・。

  
 校長先生は云う
 半径10kmのEPZ区域、第2原発のあった地域は
 避難が出来て、お風呂にも入れるらしい
 原発から近ければ・・と
 
  
 
  原発が無ければとまた本心から思った。
 
  震災の問題がいつの間にか原発になっている。  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

けいすけ30歳

Author:けいすけ30歳
97年 インドネシア (本当の人間的な豊かさとは)
99年  インドネシア (私たちが引き起こす環境破壊)
00年  オーストラリア  (限りある豊かな自然)
01年 オーストラリア (人間とは何か)
03年
04年 種子島 (素晴らしきスローライフ)
  自然と共に、自給自足のスロースタイルな生活を送る。
05年 静岡大学人文学部経済学科入学
08年  「静岡大学 太陽光発電導入の可能性」学内論文発表会で優勝。
 学生、職員、教員からなる「環境を考える会」設立(会員 約100名)
  経済産業省 省エネルギーセンターで省エネに関する学生初の研究発表。
09年 国立静岡大学
 人文学部経済学科 3月卒業

パーソナルデーター
職歴:農業、建築土木、製造業、飲食業、自営業
特技: サーフィン 、ギター
家族: 父 彫刻家(チェーンソーアーティスト)
     母 小学校教員(音楽教師)
     弟 八百屋
     愛犬
好きな言葉:  「まずは自ら」
   

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。